Webコンサルティング

Web戦略

ビジネスにおいて企業サイトを最大限効果的に機能させるには、「ぶれない判断基準」となるWeb 戦略の立案が必須です。
しかし、「戦略そのものを策定していない」、「戦略策定はしてはいるものの結果に繋がっていない」、「戦略をきちんと実行できていない」・・等の課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。

Web 戦略策定においては、「どんなサイトを作るべきか」ではなく、「事業にどう活用できるか」という視点が大事だと考えます。
つまり、「事業/マーケティングの観点」で収益や顧客満足等に結び付くものであることが理想です。

Web サイトにはどんな人々がどんなニーズ/目的を持って来訪するのでしょうか?
製品情報、応用事例の調査から修理・交換に関するお問い合わせ、リクルーティング活動・・等、顧客の来訪目的は様々であり、その目的・ニーズに応じたサイト構造、コンテンツを考える必要があります。その為には、御社のサイトを訪れる顧客を適切にセグメントし、ニーズをしっかりと分析・把握した上であるべき姿を策定する必要があります。

ターゲットユーザの定義

現状(As-Is)課題の分析

  • 顧客ニーズ - ターゲットユーザ毎にそれぞれのニーズを分析します。
  • 競合他社比較 - 競合他社や他業界のベストプラクティスを参考に取り込むべき機能を調査・分析します
  • 自社課題 - 自社の中で課題として認識されているものを調査・分析します。

目指すべき姿(To-be)の策定

現状分析の結果を踏まえて、新しいサイトの役割・位置付けを明確化するとともに、今後の戦略・方針、および主要施策を検討・決定します。

投資対効果分析

投資金額の概算を見積もるとともに、コスト・効果・時間・フィージビリティー等の総合的な視点から施策の優先順位を検討・決定します。

実行スケジュール策定

策定したWeb戦略をどのようにゴールに導くか、そのための具体的なプロセスをアクションプランに落としていきます。

PAGETOP